ティータイムのお供

アクセスカウンタ

zoom RSS マグニフィセント・セブン

<<   作成日時 : 2017/01/29 14:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

黒澤明監督の傑作時代劇「七人の侍」(1954)と、同作を西部開拓時代のメキシコに置き換えてハリウッドリメイクしたウエスタン「荒野の七人」(60)という2つの名作を原案に描いた西部劇。「トレーニング デイ」「イコライザー」の監督アントワン・フークアと主演デンゼル・ワシントンが今作でもタッグを組み、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「ジュラシック・ワールド」のクリス・プラット、「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホーク、ハリウッドで活躍する人気韓国俳優イ・ビョンホンらが共演した。暴虐の限りを尽くす男、バーソロミュー・ボーグに支配されたローズ・クリークの町の人々は、賞金稼ぎのサムを中心に、ギャンブラー、流れ者、ガンの達人など7人のアウトローを雇う。最初は金のため町を守ることになったサムらだったが、いつしかその目的が金だけではなくなっていることに気付く。





予告で、面白そう〜!と思って、早速観ました。

悪を倒す話・・・好きです。



画像




デンゼル・ワシントン、少し締まったようなスッキリしたお顔でした。

年齢層高かったので、エンディングロールの時には、

殆ど退場しちゃって・・・・アハハな気分でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昔のって、ユルブリンナーとか出てましたよね。
「荒野の七人」黒沢監督作品は様々な作品の原点になってますね。
しばらく、劇場は避けてます。
インフルエンザが収まるまでで(笑)
臆病者です。。。
花帆
2017/01/30 16:59
花帆様
ユルブリンナーのは知らないんですけど、元が魅力的だからリメイク等出来るのでしょうね。
インフルエンザ、職場で大流行しちゃって!!私も気をつけないと。
メイ
2017/01/30 20:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
マグニフィセント・セブン ティータイムのお供/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる