ティータイムのお供

アクセスカウンタ

zoom RSS ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

<<   作成日時 : 2017/02/16 10:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督が、ランサム・リグズによる全米ベストセラー小説「ハヤブサが守る家」を映画化し、人とは異なる奇妙な能力を持った子どもたちが織りなす物語を描いたミステリアスファンタジー。周囲になじめない孤独な少年ジェイクは、唯一の理解者だった祖父の遺言に従い、森の奥にある古めかしい屋敷を見つける。そこには、美しくも厳格な女性ミス・ペレグリンの保護のもと、空中浮遊能力を持つ少女や透明人間の男の子、常に無口な双子といった、奇妙な子どもたちが暮らしていた。主人公ジェイク役は「ヒューゴの不思議な発明」で知られるエイサ・バターフィールド、ミス・ペレグリン役は「007 カジノ・ロワイヤル」「ダーク・シャドウ」のエバ・グリーンが務めている。



興味あったので、早速観てきました。

主人公は、ヒューゴの不思議な発明の、エイサ・バターフィールド君。
 
彼の眼力というか、あのブルーの瞳は引き込まれます。

主人公なんですが、どちらかと言うと奇妙な子供達の方が目立ちます。




画像




映像が凄かったし、怖かった。

バンズ・ラビリンスに出て来た目が無いモンスターみたいなのが

とっても怖かったのですが、全編通して面白かった。


画像




・・・・・でも、今回も座席には4人しか居ませんでした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 この映画、おもしろそうだなと思いました。
もう見たんですね?
最近、映画館にいく人は少ないのかな?
時間帯にもよるのかもしれないですね、多分休日は多いはず。
やっぱり怖いんだー。でも楽しそう。
人が少ない中で見れるのは、集中できてうらやましいです。
プーすけ
2017/02/16 22:26
プーすけ様
面白かったですよ。惹きこまれました。
この子供たちは、奇妙ではあるけど怖くはなかった。
姿が見えない怪物が本当に怖くて、ハラハラしましたよ。字幕で観ましたけど、これ3Dとか4DXだったらすごく迫力あったかも??もう一回観ようかな?(笑)
ララランドが始まるから、そっちかぁ〜?
メイ
2017/02/17 10:17
行きましたね♪
ちょっと暗闇ほそうですね。
でも面白そう♪

あ〜〜早く映画館行きたい(笑)
月末にララランドへいくぞ〜〜〜♪

今日は暖かいけど
春一番!です♪
花帆
2017/02/17 11:18
花帆様
こちらも風が強くなってきました。怖いです。
ヒューゴ以来かな・・・?彼ずいぶん大きくなりました。
ダークファンタジーという部類になるのかしら?
目玉って、怖いですね? キングスマンで悪玉だったサミュエルなんとかいう人、ここでも怖い人だったんですけど、ちょっとコミカルな感じで、面白かったです。
ララランド、期待外れじゃなければ良いけど。
メイ
2017/02/17 13:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち ティータイムのお供/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる