ティータイムのお供

アクセスカウンタ

zoom RSS 美女と野獣

<<   作成日時 : 2017/04/21 14:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

名作ディズニーアニメ「美女と野獣」を、「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化。「ドリームガールズ」のビル・コンドンがメガホンをとり、呪いで野獣の姿に変えられた王子と美しく聡明なヒロインのベルが惹かれ合っていく姿を描く。魔女に呪いをかけられ、醜い野獣の姿に変えられてしまったひとりの王子。魔女が残していった1輪のバラの花びらがすべて散るまでに「真実の愛」を見つけなければ、永遠に人間に戻れなくなってしまう。希望をなくし失意の日々を送っていた野獣と城の住人たちの前に、美しい町娘ベルが現れる。自分の価値観を信じて生きるベルは、恐ろしい野獣の姿にもひるまず、彼の持つ本当の優しさに気づいていく。王子役をテレビシリーズ「ダウントン・アビー」のダン・スティーブンス、町一番のハンサム男ガストン役を「ホビット」シリーズのルーク・エバンスがそれぞれ演じるほか、燭台のルミエール役でユアン・マクレガー、時計のコグスワース役でイアン・マッケラン、ポット夫人役でエマ・トンプソンが出演。



先週に引き続き、公開初日に観てきました。

綺麗で楽しくて、うっとりでした。

アニメを借りて観ていたので、比較しながら観ていましたが

良く出来ていました。

どこかの人も書いていましたが、野獣の表情が変化に若干乏しいけど

元の姿に戻った時の喪失感は無かった〜!美形な俳優さんで良かったぁ。

昔、劇団四季の舞台で、「戻らなくていいのに〜!」と思ったことがあって(笑)





画像






エマ・ワトソンの聡明なお顔がとても良かった。

ベルの雰囲気にマッチしていて、時々ハーマイオニー?なんて感じもあり。

歌も上手だったので、ミュージカル好きには満足でした。

王子もとても上手。

人間に戻った時に、びっくらこいた!

え!?灰色のガンダルフ〜?・・・・・変な顔して笑えそうでしたけど。

もう一回観たい。

今回は絶対に字幕版しか観たくなかったので、

最近ご無沙汰の映画館の方に早くから出かけました。

4DXもあるんだけど・・・どうでっしゃろ?

ベルのお父さん、アニメより素敵でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
来週月曜に行きます。
お恥ずかしいことに、アニメも観たことなくて、、、
戻るのね、、、(笑)
安心です。CM見た限りでは彼女歌お上手でしたよね。
4DXって雪降るとか?
花帆
2017/04/21 22:58
花帆様
結末言っちゃってごめんなさい!
ストーリー展開が解っていても、やはりドキドキしちゃいます。アニメと全く同じにはしていないので、楽しめました。
ガストン役の、ルーク・エバンスも、アニメのガストンになり切っていてぴったりでした。 吹替え版は、今回は全く興味無いです。ご本人の顔がどんどん浮かんできそうで×です。この話、ちょっとオペラ座の怪人みたいで、だから好きなのかも。
メイ
2017/04/22 13:31
またまた残念!!!
吹き替え版しかやってないの・・とほほです。
やっぱり映画は字幕版じゃなくっちゃね。
それもこういう映画だと猶更です。
久々にユアン・マクレガーも見たかったなあ。
みいな
2017/04/23 09:04
みいな様
そうですか・・・。
まぁ基本的には子供向けなんでしょうから、吹替えがメインになるのかもしれませんけど、あまりに個性的な知名度の高い人が吹替えです!って紹介されると、イメージが定着してだめですね?イメージダウンも多々あります。
ユアン・マクレガーは燭台でしたね、多分(笑)
メイ
2017/04/23 09:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
美女と野獣 ティータイムのお供/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる